【京都】成人式を迎える方、おしゃれな振袖・着物をレンタルをしたい方向けに口コミで評判のレンタル業者をご紹介します!

振袖は色選びが重要!パーソナルカラーって?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/07/01

振袖には、たくさんの色や柄があります。しかしながら、自分の好きな色にしようと思い、いざ振袖を試着してみると似合わなかったなんて経験はないでしょうか? 今回はパーソナルカラーを参考にした振袖の色選びについてお話します。せっかくの成人式ですから自分のパーソナルカラーを把握して、最高に似合う振袖を選びましょう!

パーソナルカラーで似合う色を見つけよう

パーソナルカラーとは、髪や瞳、肌、唇の色などから、タイプ別のグループに分けて似合う色を示したものです。タイプによって、どのような印象を目指すと素敵に見えるのか理解できるでしょう。

たとえば同じ赤色でも明度や彩度の違いによって、印象は全く異なります。人によって、くすんだ赤色が似合う方、鮮やかではっきりした赤色が似合う方、人それぞれです。パーソナルカラー診断では、その自分に似合う色のトーンを知ることができるのです。

つまり、パーソナルカラーを参考にすれば、赤色、ピンク色、青色など自分の好きな色の中から自分に似合うトーンの色を選べるようになります。振袖を着る際にも、似合わないからと言って自分の好きな色をあきらめずにトーンの違うものを選択すれば、最高に似合う振袖姿をつくりあげることができるでしょう。

この考え方は、普段洋服を着るときにも当てはまることですので、覚えておくと役立つのでおすすめです。

自分のパーソナルカラーを知るには?

最近では化粧品に関してもタイプ別に、おすすめ商品が提示されていることがあるため「イエベ、ブルべ」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。それぞれイエローベース、ブルーベースの略ですが、これは肌の色によってカラータイプが分けられています。

今回ご紹介するのは、これをさらに細かく4つの季節になぞらえた分類方法です。それぞれのタイプの人の特徴をご紹介しますので、自分はどのタイプに当てはまるのか照らし合わせてみてくださいね。

当てはまる条件が多いタイプを自分のパーソナルカラーとして考えましょう。

■スプリング(イエローベース)
瞳や髪の色素が薄めで柔らかい印象。肌色が白く透明感のある人が多いです。髪は地毛が少々明るめの黄色系ブラウンといった特徴があります。元気で明るく可愛らしいイメージですね。

コーラルピンク、黄色、ピーチピンクなどイエロー系の全体的に明るい色が似合います。

■サマー(ブルーベース)
瞳や髪の色素が薄めで柔らかい印象。瞳は赤茶系の色でコントラストが低く、肌は白めでピンク色を感じる色味です。髪はブラウン系です。

上品でさわやかなイメージが特徴的で、優しいパステルカラーがよく似合います。

■オータム(イエローベース)
瞳や髪の色素が多めでしっかりした印象。瞳や顔立ちのコントラストが高く、髪は黒やダークブラウンです。大人っぽくスマートに落ち着いたイメージを人から持たれる方が多いようです。

マスタード、サーモンピンクなどの少しくすんだ落ち着いた色(アースカラー)が似合います。

■ウィンター(ブルーベース)
瞳や髪の色素が多めでしっかりした印象。瞳は黒かダークブラウンで目の印象が強い人が多いのが特徴的です。肌色はピンク系の紙のように真っ白な肌または褐色で、髪はつやのある暗めの色です。

クールで強いイメージを持っているため、エメラルドグリーン、ロイヤルブルー、黒など濃くはっきり鮮やかな色がよく似合います。

タイプ別に似合う振袖を解説!パーソナルカラーを利用した色選び

■スプリング
スプリングタイプの人には明るい暖色系の振袖がおすすめです。具体的にはヘルシーな赤色やオレンジっぽい赤色、優しいピンク色などが特に似合います。小ぶりの可愛らしい花柄や元気さを感じる花があしらわれているとなお良いでしょう。

サンゴ色の振袖に菜の花のような黄色の帯など華やかな装いも素敵です。

■サマー
サマータイプの人には優雅で清潔感のあるパステル系の振袖が良いです。水色や青みが入っているピンク色、薄紫色などが特におすすめです。柄はグラデーションや気品を感じる小花柄、伝統柄、モダンスタイルがイメージにぴったりでしょう。

ローズピンクの振袖に薄い青緑色や紫色の帯など近い色味で合わせていくと、さわやかさを保った統一感のある振袖姿になります。

■オータム
着こなすのが難しいくすんだ色もオータムタイプの人が着ると華やかになります。特にモスグリーンや渋いオレンジ色など濃いアースカラーの振袖が良いです。粋な大人っぽい柄やレトロ柄もかっこよくスマートに着こなすことができるでしょう。

朱色に少しくすんだ黄色の色合わせや深みを感じるコーディネートに挑戦してみてはいかがでしょうか。

■ウィンター
ウィンタータイプの人は、はっきりとした顔立ちの方が多く華やかで大胆な大柄にも負けません。強い印象の振袖を合わせてみましょう。はっきり鮮やかな赤色、青色、黒色などの振袖が、より一層ミステリアスな華やかさを引き立てます。

瑠璃色に薄いピンクの帯でコントラストの高いコーディネートを楽しむのも良いですね。

 

パーソナルカラーの解説はいかがでしたでしょうか? 今回はスプリング、サマー、オータム、ウィンターの4つのタイプとそれぞれに似合う振袖についてお話してきました。同じ色であっても明度や彩度によって似合うかどうかは変わってきます。自分に似合う色は顔色が良くキレイにみえますから、振袖を選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。さっそく品揃えが豊富で人気のある京都の振袖レンタル業者で、振袖を探してみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
京都の振袖レンタル業者ランキング!
記事一覧